ニキビが出来る原因とは


ニキビが出来たことありますよね。
ニキビにも様々な原因と種類があります。

ホルモンの乱れによって、皮脂が過剰分泌されることが原因で出来るニキビは思春期ニキビ。10代の頃に経験するニキビです。人によって出やすい人とあまり出ない人がいると思います。

そして、生活習慣や加齢、ストレスなどが原因で皮脂が過剰分泌されるのが大人ニキビです。チョコレートを食べ過ぎて出来たり、日ごろの不摂生が現れますね。社会人になって、忙しくてあまり眠れなかったり、ストレスでお菓子ばかり食べているとそれが顔に出てしまいます。

ニキビにも段階があります。初期段階は、白ニキビ。
悪化していくと、毛穴が開き皮脂が酸化することで黒っぽい色に変化します。これが黒ニキビです。そして、最終段階は赤ニキビと言われています。黒ニキビよりもさらに皮脂がたまっていき、炎症を起こして皮膚内部に膿を持ってしまいます。ニキビに熱を感じるようになれば、赤ニキビです。

ここまで悪化すると高確率でニキビ跡に発展してしまいます。
ニキビが出来にくい環境を作るとともに、炎症を起こす前に、適切な処理で出来るだけ跡が出来ないようにしたいものですね。

This entry was posted in ニキビについて知っておこう. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found