ニキビ跡が消えない原因とは


さまざまな理由で出来てしまうニキビ。
お肌の手入れもですが、日々の不摂生などから出来る場合もあります。
出来てしまったニキビが治っても、跡が残ってしまうことがあります。
ニキビ跡が消えない原因とは一体なんなんでしょうか。

ニキビは、赤ニキビまでの状態になってしまうと、毛穴でニキビの原因菌であるアクネ菌が活発化します。アクネ菌が影響して毛穴の細胞部分が傷つきやすくなってしまうのです。傷ついてしまった肌は、色素が沈着してしまい、それが黒ずんだ色になって跡として残るのです。

ニキビが悪化してしまうと毛穴は開ききった状態になるため、ニキビがなくなってもクレーターのように穴が開いた状態になります。これもニキビ跡です。

ニキビ跡を残さないためには、ニキビが出来た早い段階で毛穴の詰まりを解消するようにケアして、アクネ菌の活動を抑制することです。消えない原因は、アクネ菌による、損傷だったのです。

ニキビが出来ない環境づくりをすることが一番ですが、出来てしまっても早期にケアすることで跡を残さなくてすみます。跡が出来てはもう遅い、その前にケアしましょうね。

ピックアップ

ニキビ跡の治療は【みやた形成外科・皮ふクリニック】
ニキビ跡の治療は【みやた形成外科・皮ふクリニック】
出来てしまったニキビ跡をどうにかしたい方は、「みやた形成外科・皮ふクリニック」をオススメします。消せないと諦めてしまうまえに、一度、専門スタッフにご相談ください。アナタの悩みを解決へ導き、サポート致します。治療の疑問などは無料相談メールがありますので、悩む前に一度ご相談ください。
This entry was posted in ニキビ跡をどうにかしたい. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found