男性の便秘の原因 その2


さらに、生活が不規則で毎日寝る時間がバラバラな人や、慢性的な睡眠不足を抱えている人なども、自律神経が乱れやすいため便秘の症状が出る場合があります。

腸の働きは、自律神経のうち体のさまざまな状態を調整している副交感神経が働くときに活発になります。
副交感神経が働くときというのは、リラックスしているときや就寝時などです。
そのため、残業などで長時間緊張を強いられたり、夜遅く帰って朝早く出勤しなければならないなどの生活を続けると、自律神経のバランスが乱れて便秘の症状を引き起こすわけです。

さらに、男性の便秘の場合は、食生活にも原因がある場合が多いです。
特に独身男性の場合は食生活が乱れがちです。
便秘解消に食物繊維は欠かせない要素ですが、偏った食生活で食物繊維不足となり便秘になってしまいます。
消化の悪い肉食や脂っこい食事を好む人も多く、当然のことながらそうしたものばかりを食べれば、腸に負担がかかることとなります。

また、時間がないからと早食いする傾向の人も多く、そうすると1度に大量の食べ物が細かく咀嚼されぬまま腸までやってくることになり、消化に時間がかかってしまって、その結果便秘となってしまうのです。

Comments are closed.